凛晴バナー

2012年6月29日金曜日

カウンセラーの先生



「あ、今日はね、こんなもの作ってきたのぉ~(⌒○⌒)!」


と、えら~い臨床心理士の先生・・・。

いつもはどこからか買ってきたどら焼きや大判焼きを持ってきて、

「これ、マズいんだけど食べてぇ~(⌒◇⌒)!!」

が決まり文句。


しかし、今日は違った!

先生のお手製サンドイッチ!!





うまい! うまいです、先生(°O°)!!

本当にいつもありがとうございます!!



いろんな意味で、本当にスゴい先生なので、

私どもはうれしくもあり恐縮でもあり・・・。


やっぱり凛晴ってスゴい!

食べ物が尽きることがない(°O°)!

あ、そこを感嘆するのではないですね・・・。


いろんな先生方に支えられているのだと実感します!


先生、私も見習いたいです!!

毎日パワフルにいろんな地域の若者たちに勇気を与えているその行動力!

先生の一週間は、「月月火水木金金」ですね!!

山本五十六長官もびっくりです(°O°)

宮沢賢治もびっくりです!


サウイフモノニ ワタシハナリタイ




*余計な解説します。

月月火水木金金・・・旧日本海軍の戦時下勤務体制ね。

サウイフモノニ ワタシハナリタイ・・・宮沢賢治「雨ニモマケズ」より。





あぁ、暑くなるとねぇ・・・。



「外暑いから中でやろうぜ!」

「マジで!!??」

「机どかせばできるんじゃね??」


何が始まるのかと思ったら、男子諸君は教室でサッカー・・・。

そんなに広い教室じゃないんだけど・・・。

でも、何だかうれしそう(*^-^*)


一休みしたと思ったら、また何か始まった・・・。

野球・・・。

ボールは計算用紙を丸めてテープでかため、

バットは卓球のラケットを利用・・・。



絶叫しながら楽しんでおります(☆_☆)



で、職員室で一休み・・・、じゃなくて、ひとふざけ(>o<)




何がしたいの??

何を表現しようとしているの??


ワケの分からないことが何でも楽しいお年頃なのでしょう・・・(^-^)

引き続き、楽しい学園生活をお楽しみください( ^.^)( -.-)( _ _)


ベストな方法、教えます。



中学校や高校で、「どうも学校になじめない」とか、

「何だか分からないけど、行けないし、行きたくない」

という相談が増えております。


そのような状況になって、当人はもちろん困惑するのですが、

保護者の方々が余計に困惑している状況を多く目にします。

それもそのはず、保護者の方々が中高生だった頃は、

「学校に行かない」とか、「高校を転校する」という考え方が

ほとんど通用しなかったからでしょう。


しかし、時代は変わっています。社会情勢も変化しています。

中高生たちを取り巻く環境だけでなく、働く人々だって

あからさまに労働環境が変化したという人々も多いのでは

ないでしょうか?


日本的雇用慣行だった終身雇用制度はすでに崩壊していますし、

ブラック企業などという言葉も普通に使われるようになりました。

大人たちがしんどい世の中なのです。そんな時代に生きる

若い人たちや中高生が、しんどくないはずはありません。


今の中高生の親世代は、自分自身を安全な場所へ避難させる

術を知りません。そういう考え方すらない方々も多いです。

だからこそ、自分の子どもが不登校になったり、転校したいと

言い出すと困り果てる、もしくは「我慢しなさい!!」ということになる・・・。

世代間の文化の違い、考え方の違いなのでしょう。

お互いを責め合ったところで建設的な解決策は見つかりません。


親世代はさておき、中高生の皆さんには、まず第一に、

「しんどいときは誰かに話す。」ということを心がけて欲しいと思います。

毎晩、いろんな人たちから私のところに相談メールや電話が来ますが、

話すだけでもかなり心境は明るくなるものです。

それと、よく思うことなのですが、私にお話をしてくれる人たちはみんな、

「次に自分がどうしたいのか」と言うことを漠然とでも分かっているのです。

みんな、あと一歩のところで疲れてしまっているようですね・・・。

がんばりすぎです。


私は、明らかに怠けている人にはものすごく厳しいことを言います。

しかし、心身ともに疲れ果てている人には「少し休みなさい」とだけ言います。

少し休んで、また歩き始める力が出てきたら、いくらでも後押ししますし、

牽引もします。勢いがつけば助けは不要になります。



凛晴学院のスタッフ全員が、手法は違っても思いは同じです。

いくらでも相談に乗ります。相談料などとりません。


ほんの少しだけ勇気を出して、凛晴学院にメールしてみてください。

私たちの活動が一助になれば幸いです。






2012年6月27日水曜日

通信制高校に転校をお考えの皆様へ。



最近、いろんな方面から通信制高校への転校について

質問されることが多くなってきました。

少々、ここにも書いておこうかと思います。



現在、高校に在籍している方は、決して早まって退学しないように!

退学してしまうと、次の高校へ入学するまでの期間が

どこの高校にも在籍していない状態になってしまいます。

それは、卒業時期がずれる(遅れる)ことを意味します。


日本の法律では、高校には3年以上在籍しなければ

卒業できないことになっております。

一部の通信制高校やサポート校では、これをごまかして

在籍期間の帳尻を合わせているところがありますが、

完全に違法行為ですし、重大な犯罪行為です。


転校をお考えの皆さん、違法行為を積極的に勧めるような

通信制高校には絶対に入学してはいけません。

後々、不利な状況に陥ります。


生徒に「楽」という名の「ズル」をさせて卒業証書を授与する

通信制高校と、「ズル」をサポートしているサポート校・・・。

この組み合わせが蔓延すれば、国の根幹でもある教育は

成り立たなくなります。一番痛い目にあうのは、生徒自信です。



楽して卒業したいと思うのはある意味自然なことだとは思います。

しかし、楽をしすぎた結果、将来に大きな不安を抱きながら

生きていかなければならなくなる場合も多くあります。

就職活動で、高校在籍期間の不足を指摘された例もあります。

月に1回ほどの通学で卒業はできたけど、高卒程度の学力がなく、

就職も進学もできなかったという事例はいくらでもあります。

「楽に卒業できた通信制高校だったけど、結局は就職や進学時期に

大きな困難が待っていた・・・。」などという相談は毎日のように聞きます。


通信制高校やサポート校には、単にビジネスの手段として作られたところと、

教育を最大の目的として作られたところがあります。学校の内容を見れば

それはすぐに判別できます。


これから通信制高校に入学しようと考えている皆さん、

目先のことだけにとらわれず、しっかり自分の成長や将来も考慮した上で

学校選びをしてください。そして、意味のある卒業証書を手にしてください。








2012年6月25日月曜日

宣言?



何かに疲れると、「明日からがんばる!」とか、

「来週からがんばる・・・。」などと言い訳します。

私はしょっちゅうそんな言い訳をしては

仕事を後回しにします・・・。


で、先週からこんな宣言が職員室に飾って(?)あります。↓




先週、簿記の時間に力尽きたY君の宣言ですね!

素晴らしいことです。

簿記のセンセーに見捨てられないように

必死についていきましょう!!


がんばる姿勢さえあれば、この先も大丈夫です!

みんな応援しておりますよ!!



2012年6月22日金曜日

シュークリーム



どら焼きに引き続き、シュークリームが届きました!!

卒業生のAさん、いつもありがとうございます!!

今回もいいチョイスですね。

ごちそうさまです!!




甘い食べ物大好き! 甘い言葉も大好き!

なんだか最近、食べ物ブログになっておりますね・・・。

これでも控え気味なんですが・・・。


凛晴学院はいろんな人が訪問してくれますが、

皆さんおいしいものを持って遊びに来てくれます。


職員室は常にドアが開いているので、

教室までおいしい香りが漂うこともあります。

そのおかげ(?)で早弁しちゃう男子諸君も・・・。


凛晴学院の平和で穏やかな雰囲気は、

もしかしたらおいしいお菓子から生まれているのでしょうか???

そう思っているのは私だけでしょうけど・・・。




どら焼き




「大丈夫? 疲れてない??」

と、どら焼きを差し入れしてくれたSさん・・・。

自分の受験勉強で大変なのに、私を気遣ってくれます。

本当にありがたい・・・。




みんな私の大好物を良くご存知のようで、

しかも申し合わせたようにかぶってしまうことなく

持ってきてくれます。


あ、決して強要しているのではありませんよ!

そんな自作自演は寒いだけですからね・・・。


餡子の詰まったどら焼きは、夜の作業のお供になりました。

ご馳走様でした!!





2012年6月21日木曜日

今年も咲いた!



家のミニバラが次々と咲き始めました。

冬が来るたびに、「もう来年はダメかな??」

と思いながらも期待を捨てずに越冬させますが、

このシーズンが来ると希望を捨てずに良かったと

うれしくなります。




なんでもそうですが、希望を捨てたらそこで終わりなんですね・・・。

例え望みが薄くても、絶対に望みを捨ててはいけませんね。

大切なことを植物に教えられます。


小さくても、思い切り咲いて欲しいです。






Twins?

2年生のY君と、3年生のK君・・・。

休み時間に職員室で何かしてます。

二人で並ぶと双子みたい・・・。




学年も住んでいる地域も前籍校も違うけど、

いつも楽しそうですね!

いいことです!



2012年6月19日火曜日

グミの実

S美がそっと差し出したのは、真っ赤なグミの実でした。

「家の庭でできた実です。」

入学した頃は人に話しかけることなど夢のまた夢・・・。

誰かと目が合えば固まるしかなかった・・・。

そんなS美が、こんな私に木の実をプレゼントしてくれるまでに

なったのだと、感慨深く思います。




ちょっと渋くてちょっとすっぱくて、でも甘いグミの実が、

S美の歩んできた人生のように感じました。






お問い合わせについて

毎日、電話やメールで凛晴学院についてお問い合わせをいただいております。

受話器の向こうで大慌ての方、不安で押しつぶされそうな方、

やっとの思いで電話してくださる方、本当に様々な状況ですが、

お気持ちお察しいたします。


凛晴学院では様々なご相談にお答えし続けておりますが、決してセールストークを

しないようにしております。通常、ありえないことだと思います。

どんなサポート校に電話しても、セールストークは必ずあります。むしろ、

セールストーク用のマニュアルを用意しているところがほとんどではないでしょうか。



凛晴学院では、お話をよく伺った上で、凛晴学院以外の教育機関を

ご紹介することもかなり多くあります。なぜなら、相談をくれる方々の

状況や将来的な希望などを勘案すると、凛晴学院よりも適した

教育機関があることが分かったりするためです。そのような場合は、

凛晴学院以外の教育機関をご紹介したりしております。


たとえば、就職に強い学校を希望している人もいれば、進学希望の人もいます。

今はゆっくりしたいと思っている人もいます。それぞれが有意義な高校生活を

過ごせるよう、複数の教育機関から選択できるような提案を行うことが多くあります。


人の人生に少なからず携わっていくのですから、安易なセールストークはできません。

それが支援を必要としている人のためであり、家族のためだと考えております。


不安を抱えている方々も多くいることはよく分かっております。

少しでも不安を和らげる意味でも、どんなことでも凛晴学院にお問い合わせください。

これ以上辛いことを経験しないように、凛晴学院がしっかり支えていきます。



父の日


「おとーちゃん、父の日だからケーキ・・・。」

お父ちゃんではないのだけど、本当のお父ちゃんよりずっと若いけど、

そういってパウンドケーキを焼いてきてくれたSちゃん。

すっかり写真撮るのも忘れて食べちゃいました。

最近毎日のように生徒や先生、卒業生からおいしいものをいただいて

おります。前にも書きましたが、ここにいたらとりあえず生きていけそうです(笑)。

本当に皆さん、ありがとうございます!!

たくさん食べて、皆さんに元気を還元していきたいと思います。

とは、言うものの、最近グッタリな私です・・・。


うれしい差し入れ



夜中に一人でお仕事していたら、卒業生からメール・・・。

「学校にいる?」

「いるよ・・・。」

「いまから寄っていい?」

「どうぞ!」


卒業生女子2人で近所で遊んでいたらしく、遊びに来てくれました。

「まともに食べてないんじゃないかと思って・・・。」

ということで、お弁当の差し入れをしてくれました。




管理栄養士を目指すY子のチョイス、さすがバランス取れてますね!

こんなオッサンにお気遣いありがとうございます!!

ありがたいなぁ・・・。



2012年6月15日金曜日

暑くても元気

男子諸君・・・。昨日はサッカーで汗かいて、

今日は野球をするそうです。

この暑い日に・・・。


若いってすごい!!


2012年6月14日木曜日

はい、梅雨明けね・・・。



昨日も言いましたが、もう梅雨明けでいいんじゃない?

暑いモンね・・・。

夏じゃん・・・。


教室が涼しく快適なこともあり、生徒たちは黙々と授業を受けております。

先生の話が子守唄のように聞こえる生徒もちらほら・・・。

自分が高校生のときもそうだったような・・・。


放課後は元気なんですね!

教室や職員室でギャーギャー騒いでいます。

H君:「あ、今日自動車学校行かなきゃ!」

T君:「オレ、今日バイトじゃん! めんどくせー!!」


と、騒ぎながらみんなで近くの公園にサッカーしに出かけました・・・。

で、汗だくで帰ってきてカキ氷作ってます・・・。

小学生並みに元気ですな!



以前は女子生徒のほうが活発でしたが、最近は男子諸君も健闘しています。

元気で何よりです!!



2012年6月13日水曜日

カキ氷



入梅宣言がありましたが、それ以来真夏のような日々が続いております。

勝手に梅雨明け宣言してしまいそうです。

そして勝手に夏休み宣言・・・。


そんな暑い日々なので、凛晴学院ではカキ氷がはやっております。

完全手動カキ氷マシーンでガリガリと氷を削り、

休み時間や放課後に食べております。


今も休み時間を利用してカキ氷を食べているH君です。↓




私のも作ってもらいました。

レモンとイチゴのシロップを混ぜてみました。↓





見た目もお味も何だかコメントしにくい感じです。

でも、涼しくなれたのでヨシ!!



2012年6月10日日曜日

入梅

6月9日、新潟地方気象台は新潟県の入梅を発表しました。

しばらくの間、雨の多いお天気になりますね。

自転車通学の皆さんは、特に気をつけて通学してください!


梅雨時期というのは、湿気も多くジメジメしていて不快だという

方々もいるかと思いますが、私はこの時期をとても前向きに捉えています。

雨は天の恵みだと思っています。だって、すべての動植物は水がないと

生きていけませんよ!この時期があるからすべての生き物が

大きく成長するのではないでしょうか?


とはいえ、やはり雨はいろいろと厄介なときもありますね。

外に出れば服はぬれるし、かといって家に閉じこもっていれば

気分も晴れないし・・・。


しかし、それを耐えてこその成長です。

外は雨、人生も土砂降り・・・。なんて状況の人も、それを耐えれば

いつか必ず雨はやみます。土砂降りの原野をはいつくばって

泥だらけになったとしても、それは必ず自分の糧となります。

あきらめたらいけません。楽な方へ流されてはいけません。

あきらめたり、いい加減になったり、ズルいことばかりしている人が

最終的にどうなるか・・・。そんな話は吐いて捨てるほどありますね。

ろくなことにはなりません。そういう話が聞きたければいつでも

実例をあげてお話してあげます。


逃げても、へこんでも、泣いても、休んでもいいのですが、あきらめてはいけない・・・。

ズルいことを考えるのは仕方ないけど、それをしてはいけない・・・。


人としての心構えも生徒たちに伝えていけたらと、職員一同思っています。

凛晴学院では、そんな先生たちが毎日待っています。



余談ですが、最近、いろんな学校の生徒たちが遊びに来てくれています。

とてもありがたいことです。一緒に勉強している人たちもいます。

凛晴学院の生徒と、いろんな学校の生徒たちが一緒に学びあうシーンを見ると、

なんだかうれしくなります。


どこの学校の生徒でも、興味があったら自由に立ち寄って欲しいと思います。

いつでも、何かのついでにでもフラッと遊びに来てください。

空き教室があれば、自習室として使ってもいいですよ!






2012年6月8日金曜日

偽りの代償

東日本大震災の被災地である石巻で、ボランティア医師を装い

活動していた偽医師が懲役3年の実刑判決を言い渡されました。

ケガや病気で苦しんでいる人たちを騙す行為、断じて許せません。

騙された結果、大きく人生が狂ってしまう人たちもいます。

医師法違反という法律上の責任はもちろんですが、

社会全体に対する背信行為についても追求されるべきでしょう。


医師に限らず、人の人生を左右する職業はいくつもありますが、

ほとんどの場合、その職に就くには相当の努力が必要ですし、

職に就いた後も大きな責任を背負って職務を遂行することが求められます 。


今回の事件報道を読んで、あることを思い出しました。

「スクールカウンセラー」と称して営業活動していた偽者を・・・。

精神的に苦しんでいる生徒をおもちゃのように扱い、

さらに苦しめていた偽カウンセラー・・・。

偽医師と同じように、大きな代償を払うことになるでしょう。

皆さんの近くにいるかもしれません。気をつけてください。

カウンセリングは、正しい教育・訓練を受けた医師、心理士、

教育カウンセラーに依頼してください。凛晴学院でも情報提供いたします。


不登校や高校中退で悩んでいたら、凛晴学院へ連絡してください。

生徒本人、保護者、担任の先生・・・。どなたでもかまいません。

間違いのない、これ以上苦しまない方法を一緒に探します。




2012年6月7日木曜日

置き場に困ってきた・・・。

市内から通う生徒たちは、自転車通学が多いです。

学校の1階部分が駐車場・駐輪場になっているのですが、

先生たちの車もあるため結構な勢いで窮屈になってきました・・・。

あと数台はイケそうですが・・・。近いうちに限界かもしれません。

ちょっと考えなければ・・・。





花咲いた!

凛晴学院では、ささやかではありますがお花を育てております。

去年の夏に育て始め、越冬させ、今月無事に花を咲かせました。

生命力に驚きます。

凛晴学院の生徒たちにも、その生命力を身につけて欲しいと思います。


生徒諸君!

大変な授業もありますね。

面倒なこともありますね。

しかし、社会で自立して生きていくためには、

必要なことです。


遊びに来てくれる先輩たちがなぜあんなに輝いて見えるか・・・。

考えてみてください。


いつか、人生に花を咲かせてください。

そのために、今、自分の人生に水をやり、肥やしを与え、

力を蓄えてくださいね!





2012年6月5日火曜日

切磋琢磨

簿記の授業中です。

仲間同士、教えあう姿が見られます。

苦楽を共にする仲間同士、目標を見据えて励ましあう姿に喜びを感じます。

こういう姿が見られるようになれば、こちらがとやかく口を挟むことはありません。

首を突っ込むのは厳禁です。


これも伝統みたいですね。

仲間同士教えあう光景・・・。

ずっと昔からそうでした。

成長しあう環境が、ここにはあるようです。


私の仕事が減ることは、生徒がどんどん成長している証拠です。

あ、決してサボりたいわけではありませんよ・・・。