凛晴バナー

2013年3月27日水曜日

新潟県で広域通信制高校に進学を考えている方へ(注意喚起)


現在、新潟県内には「○○高校××学習センター」や、

「△△高校□□校舎」などと名のっている場所がありますが、

正式な通信制高校の関係機関ではありませんのでご注意ください。

そのようなところがどんどん増えています。

一般的に「サポート校」と呼ばれるところですが、

サポート校とは表記せず高校を名のることは問題があるといわざるを得ません。

通信制高校とサポート校は、別団体です。

それを一体のものと誤解を与える表記は許されないはずです。

文部科学省でも実態調査に乗り出しています。

正式な教育機関であるならば、県庁の高等学校教育課が把握しています。

逆に言えば、高等学校教育課が把握していないところであれば、

そこは正式な高校または学習センター等の出先機関ではないということです。



サポート校でも、授業が成立していれば学習効果も高いと思いますが、

授業自体存在しないところや、課題の解答を丸写しさせるようなところもあります。

また、サポート校の一部では、授業料を明示しなかったり、

後々高額なオプション料金を請求してくるところもあります。

複雑な料金体系で、卒業までに学費がどれだけかかるのか分からないように

なっているサポート校もあります。



サポート校とひとくくりに表現しても、それぞれまったく違う特徴があります。

運営者の考え方一つで、授業や学費がまったく変わってきます。

中には、教育者として不適格と思われる者が運営しているサポート校もあります。



不登校や学力不振などで悩んでいる人たちを、さらに苦しめるような

場所が存在することを知っておいて欲しいと思います。






最近の凛晴学院



もうね、この時期いろいろ忙しいんだよね・・・。

傍から見ると私なんか仕事していないように見えるかもしれませんが、

脳ミソだけはフル回転です。回転が足りないのでタービンつけたい・・・。

頭使うとお腹もすきます。



都合のいいことに、最近職員室にお菓子がたくさんあります。

いつも言いますが、いろんなところからいろんな方々が

お見えになります。ありがたいことに、お土産持参で・・・。

すると、いろんなところの名物お菓子が職員室に集まります。

「お土産見本市」みたいです。



この春大学を卒業した教え子たちも卒業旅行なんか行ったりして、

これまたお土産を買ってきてくれます。

もう私の主食が各地の名物になりつつあります。

お殿様っぽい! そんなに偉くないけど・・・。



在校生の皆さんは春休み中なのであまり学校に来ませんが、

4月から入学する新1年生は、入学前に補習期間があります。

入学後、スムーズに授業に入れるよう、基礎的な学習内容の

復習をしていきます。少しずつ環境に慣れていくためにも

補習授業に出席して、教室や先生方に慣れて欲しいと思います。


校舎内の教室の配置が変わるかもしれません。いや、多分変わります。

生徒数増加で広い教室を確保する必要が出てきたので・・・。

職員室が狭くなります・・・。ダウンサイジング・・・。

と、いうことで、先生たちもダウンサイジングしてください!

私以外細いから大丈夫か・・・。

でも、心は広くお願いします!!




時期的に、入学希望のお問い合わせを多数いただいております。

毎日のように学校説明や面談をしているところです。

まだ入学相談を受け付けておりますが、定員に達し次第受付終了になります。

入学希望の方はお早めにお越しください。入学を迷っている方には、

凛晴学院以外の教育・支援機関も紹介しております。


学校の先生方にも様々な教育機関に関する情報を提供しております。

また、通信制高校やサポート校の仕組み等、分かりにくいと指摘されている

部分に関しましても丁寧に説明いたしますので、どうぞ遠慮なくご質問ください。




2013年3月20日水曜日

卒業生と元職員



Y国大の大学院勤務だった元職員が

里帰りついでに凛晴学院によってくれました。

この方がいなかったら、今の凛晴学院は

存在しないと言い切れるほどの方です。

と、いうか、長岡近辺の不登校や素行不良、

成績不振の高校生たちを一手に引き受けていたのがこの方・・・。

凛晴学院のルーツ、まさに元祖です!



たまたまそこに、卒業生のK君も遊びに来ていました。

ここで奇跡の再会!!K君はなんだか照れておりました。

こういうことってあるんですね・・・。

何年も会っていなかったけど、何かの拍子に再会・・・。

思い出話やら、近況やら、話が弾んで楽しい時間を過ごせたようです。



K君が言った一言が印象的だったので紹介しましょう。

「オレがはじめて自力で目標達成したことが、高校卒業だよ!」

そう、何でも途中で投げ出すK君でしたが、私たちの元では

しっかり学んだのだと思います。だからこそ、このような言葉を

自信を持っていえるのではないでしょうか?

とても大切なことです。



私たち職員がいくら凛晴学院について、職員組織について

アピールしても、卒業生の素直な一言にはかないません。

多くの卒業生が頻繁に訪ねてきてくれますが、そのたびに

含蓄のある言葉に感心しきってしまいます。



毎日通い、友と語らい、学び、人格形成に重要な時間を過ごす・・・。

凛晴学院での生活は。楽しいことばかりではありません。

苦しい経験も大いにあるでしょう。

しかし、それが自分を成長させるための学園生活なのです。

そんな日常を経験することがどれだけ大切なことなのか、

卒業生たちを見ているとよく分かります。



凛晴学院には、「学園生活」があります。

ここでしか得られない学園生活です。

意味がお分かりでしょうか?



分からなかったら、実際に見に来てください。









2013年3月19日火曜日

卒業シーズン




凛晴学院を卒業した生徒たちが大学を卒業する時期になりました。

この時期になると、そんな生徒たちが入学してきた頃のことを

よく思い出します。



正直に申しますと、入学時に「この子は大学まで行くだろう・・・。」と

思った生徒はひとりもいません。

どの年度の入学者についても、「やめずに続けられるか・・・?」

という心配ばかりが付きまといます。

ところが、こちらの心配などまったく必要なくなるのですね・・・。

どんどん成長していきます。



不登校や学力不振で凛晴学院に入学する生徒がほとんどですが、

何がどうなってしまうのか分かりませんが、

日々の学園生活の中でいろんなことを吸収して、

紆余曲折ありながらもしっかりと自分の道を歩んでいくのです。

たくましさすら感じます。



筋金入りの不登校、学力不振だった新入生たち・・・。

気力・知力・体力を試される大学受験を突破し、

憧れのキャンパスライフを送り、晴れて卒業です!!

大都会で大学生活を満喫した者もいれば、

大自然の中のキャンパスで4年間を過ごした者もいます。

いずれにせよ、思い思いのキャンパスライフだったことだと思います。



成績優秀者として大学から表彰を受ける生徒も数名います。

本当にビックリです!!

大学院まで進む卒業生もいます。

公立高校の教職に就く卒業生もいます。

私たちの元へ来た頃の状況からは想像もつきません。

みんな大人になった!!


学生時代はよく凛晴学院に里帰りしてくれましたが、

社会人になっても遊びに来てくださいね!!

皆さんから見た世の中はどんな感じなのか

新鮮なお話を聞かせてください! 待ってます!!



2013年3月13日水曜日

最後の授業



この3月に卒業した生徒が、卒業後も簿記だけ勉強しに来ていました。

4月からの仕事に活用できるようにと、商業科の先生が

特別授業をしてくれていました。面倒見がよいですね!


その生徒も本日で授業終了!!

最後の授業が終わり、安堵の表情・・・。

本当にお疲れ様でした!!



春は旅立ちの季節。卒業生たちも、それぞれの道を

ゆっくりと力強く歩き始めることでしょう。

凛晴学院で身につけた知識ひとつひとつが、

世の中を渡っていくための道具です。

卒業しても、その道具がさびつかないように

しっかり磨いておきましょう。

必要になったときに、すぐ使えるように・・・。





2013年3月8日金曜日

ブログなまけてすみません。


いろいろバタバタしていて更新ができません・・・。

いい言い訳ですね。「バタバタしてて」って・・・(笑)。

何がバタバタなのか分かりませんが、そんな雰囲気です。


卒業式も終わり、卒業生たちは新たな生活の準備をしています。

進学、就職、様々ですが、今年も無事に巣立っていきました。

寂しい気もしますが、それでいいのです!



春休みだというのに、数名の生徒は登校してお勉強したり騒いだり・・・。

学校にくれば誰かしらいると思ってみんな集まっちゃうのかな?



卒業生のお姉さん2名がケーキを作ってきてくれました!

卒業しても遊びに来てくれるのは本当にうれしいですね!!

凛晴学院の卒業生は、本当によく顔を出してくれます。

学問も仕事も忙しいだろうに、忘れずにいてくれることがありがたい・・・。



臨床心理士の先生も顔を出してくれました。

いつも愉快なお話、いや、タメになるお話ありがとうございます!!

多くの卒業生たちや教育関係者が訪ねてきてくれるのも、

凛晴学院の大きな特徴です。


話題を変えましょう。

毎日のように見学、相談、入学希望の方々が凛晴学院に来ております。

本当にいろんな状況の方々がいて、私どもがお手伝いしたいことも

たくさんあります。それぞれの希望をお伺いした上で、できうる限りの

お手伝いをしたいと考えておりますので、とりあえずでかまいませんので

いろんな方々に訪問していただきたいと思います。





2013年3月4日月曜日

生徒募集について



長岡凛晴学院では、2013年度新入生を募集しております。

新1年生、転編入生いずれも募集対象ですが、

少人数制指導のため、早期に定員に達することがあります。

入学希望の方々は、お早めに相談にお越しください。




通信制高校で学ぶことを希望されている皆さんに

少々アドバイスを書いておきます。

通信制高校を選ぶときは、校風や履修科目などを

よく調べてから決めてください。どこでも一緒ではありません。

お金だけ払えば自動的に卒業できてしまうところも

多くありますが、そのようなところへ入学しても、

卒業時には何も身につきません。

進学・就職も困難です。

学ぶべきことを学べないようなところであれば、

将来にわたり不利益を被るのは目に見えています。




また、高校の名をかたるサポート校もいくつか見受けられます。

そのようなところは、サポート校であることを前面に出していないので、

一見すると通信制高校の付属機関に思えてしまいます。

(本日現在、新潟県内には広域通信制高校の正式な出先機関はありません。)

サポート校に入学するときは、しっかり授業見学や体験入学に行って、

どんなところなのか見てから入学を決めてくださいね!



長岡凛晴学院では、無料で教育相談を受け付けております。

中高生の保護者の方々だけでなく、学校の先生方も相談に訪れます。

どんなことでもかまいませんので、どうぞご相談にお越しください!

様々な教育情報を提供しております。

進路選びの参考にしていただきたく思います。

どうぞお気軽に!