凛晴バナー

2014年1月30日木曜日

後期試験



今日と明日は後期試験です。

3年生にとっては、高校生活最後の試験。

最後だからと言って、甘い設問などありませんけどね・・・。







普通にお勉強していれば楽勝ですが、

サボっていれば赤点必至!!

ナメてかかると取り返しのつかないことになります。

今のがんばりは、将来に直結します。

明日も頑張りましょう!!




ここ数日、連続して卒業生たちが訪問してくれています。

それぞれ元気に職場や学校で頑張っているのですが、

小さな悩みは誰にでも常にあるものですね…。

しかし、ささいな悩みでも凛晴学院を頼ってきてくれるのは

本当にうれしいことです。

卒業生たちも、久しぶりに先生たちと話をして、

どこかすっきりしたような表情で帰っていきます。

私たち職員も卒業生から元気をもらうことができるし、

卒業生たちも気持ちが軽くなる・・・。

相互に影響しあって、良い効果が出ているようです。

そんな文化がずっと続いていることが

私たち職員にとっても卒業生にとっても

安心材料です。



卒業生の皆さん、困ったときは凛晴学院へ!!




さて、明日も試験。

準備でもしますかね…。





2014年1月28日火曜日

校舎




 少人数制のクラスで授業をしておりますが、

教室がちょっと狭く感じるようになってきました。

生徒たちには余裕をもって

学校生活を送ってほしいのですが、

スペース的な問題は引っ越しをしない限り

解決できません。



今の立地、とても気に入っているのですが…。



広い教室がほしい!

でも、広ければ家賃も高いですし・・・。

正規教育機関なので設備関係もいろいろ

規則で決まっておりますし・・・。





わがまま言えば、長岡駅から徒歩圏内で

建物丸ごと格安で貸してくれるような、

そんな素敵な話はないでしょうかね・・・・。

若者たちの未来のために

協力していただける大家さん、

いらっしゃいましたら連絡ねがいます!!





2014年1月22日水曜日

新潟県内で通信制高校への入学をお考えの皆様へ。




中学3年生の皆さんは、

受験校を絞り込んでいるところだと思います。

高校生の皆さんの中には、

進路変更を考えている方々も多いのではないでしょうか。

この時期、転入に関するお問い合わせを多くいただきます。


ここで今一度、長岡凛晴学院について少々詳しく

お話しさせていただきます。


長岡凛晴学院は、新潟県教育委員会の指定を受けた

技能教育施設と呼ばれる正式な教育機関です。

入学と同時に東京の科学技術学園高校にも

在籍し、長岡凛晴学院で3年間学ぶことによって

高等学校普通科卒業となります。

このような仕組みをとっている教育機関は

本日現在、県内では長岡凛晴学院のみです。




「凛晴学院は、通信制高校のサポート校ですか?」

と、質問されることもありますが、

長岡凛晴学院はサポート校ではありません。




サポート校は本来、通信制高校とは全く関係がありません。

通信制高校の課題をサポートするための塾です。

塾ですので、学校ではありません。

真面目に教育活動に取り組んでいる

サポート校もあるのですが、

一方では、高校名を語ったり、

違法な活動を展開し高額な料金を請求する

サポート校も多くあります。

長岡凛晴学院は、そのようなところとは全く違う教育機関です。




「○○高校△△学習センター」とか、

「××高校連携 □□学園」など、

サポート校の校名表記は様々です。

高校の出先機関かと誤解してしまいそうです。

不安な場合は、新潟県教育庁に

「○○高校××学園は高校ですか?」

と問い合わせてみてください。



サポート校を高校だと誤解して入学した例が

過去にたくさんあります。

中学校や高校の先生ですら、

勘違いしている方々が多くいらっしゃいます。

よく調べたうえで、入学先を決定してほしいと思います。

長岡凛晴学院でも、当校への入学の如何を問わず

通信制高校への入学および転編入に関する

相談をお受けしております。

電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。

もちろん、個人情報等の秘密は厳守いたします。




2014年1月20日月曜日

望むものと、ためになるもの



「週に1回とか、月に1回とか、

そのくらいの通学頻度で高校を卒業したい。」


そう考えている中高生が世間に少なからず存在します。

凛晴学院にもそのような相談が寄せられることもありますが、

「毎日通える心身があるのであれば、毎日学校に通うべし。」

と、アドバイスしております。


毎日登校することが困難な状況にある生徒には、

「少しずつでいいから、通ってきてごらん。」

と、話すようにしています。



遊びやバイトなど、学業以外のことに夢中になり、

怠惰な生活を送ってしまう通信制高校の生徒を

多く見ますが、それで良いのか疑問です。

学ぶ機会を自ら捨てているように見えますし、

先生方もそれを放置しているように思えてなりません。



自由な時間がたくさんもてるというのは

通信制高校で学ぶメリットでもありますが、

自分を律することができないのであれば

デメリットになってしまうことも多いです。



「遊びとバイトを一生懸命楽しむけど

勉強はほとんどしない。

でも、高校卒業できてしまう・・・。」

勉強が嫌いな高校生にしてみれば、

こんなに好都合なことはないのでしょう。

しかし、卒業後の自分はどうなっているでしょう?

容易に想像できると思います。





「学ぶ」ということは、

「未来への階段を自ら作る。」

ということだと思います。

逆の発想をすれば、

「学ばない」ということは、

「未来への階段を作らない、または作れない。」

ということになるのではないでしょうか?


「自分が今やるべきことは何か?」

「自分がしたいことは何か?」



中高生の皆さんには、そういうことも含めて、

自分のとるべき選択を考えてほしいと思います。







白衣の天使  ~将来の選択肢~ 夢を持つことの大切さ




看護師を「白衣の天使」と最初に形容したのは

いったい誰なんでしょうか?

なかなかイイ例えですよね。



幼いころより看護師になることを夢見ていたAちゃん。

スポーツも得意、ピアノも上手、中学時代は生徒会長!

向上心の塊みたいな生徒でした。

中学校の先生たちも、こんな生徒には

どんどん期待しちゃう。



でもね、頑張りすぎちゃったんだと思いますよ。

私たちのもとに来た時は、すっかり放心状態でした。



「もう少しグダグダでもいいんじゃね?」

と、アドバイスしたのですが、

「グダグダって、何??」

みたいな状態でしたね…。

お母さんなんか、

「そんなアドバイスしないでください!」

みたいな状態だったしね…。


「猛ダッシュで走ってたら、とても疲れるし

周囲の景色もみえません。

景色を楽しめるくらいの速さで人生をあるいたら?」



そんなアドバイスで少しわかってもらえた感じでした。


向上心を保ちつつ、視野を少しずつ広げたAちゃん。

夢をかなえるために、大学の看護学部へ進学。

もちろん専門学校卒でも看護師になれますが、

保健師、養護教諭など、ほかの資格も

取得したいとのことで大学を選びました。

視野を広げることの大切さを理解したのでしょう。

結局、4年間で取れる資格は全部取って卒業しました!!



自分がどんな状況に陥ろうとも、

少しずつでも前進しようとすれば、

夢はおのずと近づいてくるのですね。

どんなに大きな夢でも、あきらめる必要はありません。

人に何と言われようと、夢を追うための努力は

その後の人生に大きく活きてきます。



Aちゃんは今、大病院で看護師として活躍しています。

夢をあきらめなずがんばって、本当によかったね!!






2014年1月17日金曜日

鏡開き


毎年恒例の行事、鏡開きをしました。

今年は3年生男子諸君による

お汁粉と雑煮・・・。

雑煮の具はA先生の畑の野菜です。

調理指導はTS先生、TA先生、S先生!

女性の先生が多いと助かります。

しかし、3年男子諸君、君たちは本当にうるさい!!

お口にチャックしなさい!!

口ではなく、手を動かしなさい!!

でも、何とかおいしいお汁粉と雑煮ができたので

良しとしますかね…。





今春から都会の大学で独り暮らしをするY君も、

大根とニンジンをイチョウ切り・・・。

ぜひ自炊してほしいものです。

(もっと本格的に料理習いたかったら私が教えますよ!)



大鍋いっぱいに作った雑煮も

一瞬でなくなりました。

まあ、みんなで黙々と食べたからね…。



大騒ぎのうちに鏡開きがお開きになりましたが、

みんな仲良くおいしくお餅をいただけたので

一安心です。


楽しく実りある一年でありますように…。




2014年1月9日木曜日

不安を安心に・・・。


年明け早々、お問い合わせや見学が相次いでいます。

資料請求、問い合わせ、見学などの一連の作業は、

けっこう勇気のいるものです。

勇気を出して一歩前に踏み出した皆さん、

よくがんばりました!!

その勇気はやがて安心へと変わります。



凛晴学院で学ぶ生徒全員が、

不安を抱えながらも資料請求をし、見学に来て、

再スタートを切ろうと心に誓い凛晴学院に入学しました。

体験授業を受けてから入学を決める生徒もいました。

入学後もしばらくは、


「授業についていけるか?」

「学校になじめるか?」

「友達とうまくやっていけるか?」


など、不安を抱えながら通ってくる生徒がほとんどです。

不安が払しょくできずに休みがちになる生徒や、

頑張りすぎて疲れてしまう生徒もいます。

しかし、休みがちになったとしても、

それはそれでいいのです。

自分のペースをつかむこと。

まずはそこからだと思います。



通いきれるかどうか不安になるのはみんな同じです。

その不安を安心へと変えていくために

私たち職員が常に支えているのです。

そんなに気張らなくても、自然と毎日通えるようになり、

課題も難なくこなせるようになって、

学力も向上し、人格形成もなされていくと思います。



卒業生たちを見れば分かりますが、

凛晴学院在学中に毎日通うことが習慣づいたからこそ、

どこへ行っても、どんなに厳しい状況でも、

うまくやっていけるのだと思います。



凛晴学院を卒業して、大学生や社会人になったとき、

抱えていた多くの不安が大きな安心になっていることに

気づくと思います。それに気づくからこそ、卒業生たちは

後輩の面倒を見にきてくれるのではないでしょうか?



職員も卒業生も保護者も、それぞれの立場から

生徒ひとりひとりを支え、独り立ちさせていく・・・。

そんな目には見えない文化が

凛晴学院の根底に流れているように思います。



不安を抱えている皆さん、私たちがその不安を

安心に変えていくお手伝いをします。

実りある高校生活は、未来の選択肢を広げます。

お気軽になんでもご相談ください。






2014年1月8日水曜日

今日の様子



課題が終わらずネチネチと個別指導を受ける生徒・・・。

大学受験に向けて黙々と机に向かう生徒・・・。

学校の様子をうかがいに来る卒業生・・・。

職員室を出たり入ったりする先生・・・。


なんだか今年も、ボチボチと動き出した感じですね。



生徒諸君、いつまでも正月気分ではいけませぬぞ!

今月末には後期試験があるのだぞ!

しっかりお勉強しましょうねー!



2014年1月6日月曜日

超眠い・・・。



勤務中だというのにいけませんね。

しかし、眠いものは眠い・・・。

昨日から長野だ埼玉だ東京だ・・・と

走り回っておりました。

今朝、長岡に帰ってきました。


朝からひっきりなしに

ご相談のメッセージやら電話やら・・・。

そういうのって、世の中が動き出すのと同時なのね・・・。

それに混じって、卒業生からのお年賀メッセージやら、

就職内定報告やら、在校生の補習やら、

ノベルティーグッズ作成やら・・・。


忙しいのはありがたいことだと言い聞かせながら

ボケボケのアタマを何とか動かしております。


よし! ブドウ糖補給して仕事しますかね!!





2014年1月4日土曜日

いろいろ連絡ありがとう!




先日、「今年は誰の花嫁姿が見られるかな?」

みたいなこと書きましたが、

早速、「花嫁さんになったよ~!」と連絡が!!



私たちのもとを卒業して静岡の大学で文学を学び、

司書資格もゲットしたTちゃん・・・。

地元に戻り、早速ダーリンをゲットですね!!

めでたい!!



Tちゃん、中高時代は壮絶な人生でした。

詳しくは書けませんが、私だったら二度と

立ち上がれないであろう経験を

短い期間にいくつも味わった・・・。

自分の人生を恨んだこともあったことでしょう…。

そりゃ、学校も行きたくなくなるわな・・・。

でも、復活する強さを持っていましたね!

苦しんだ分、たくさんたくさん幸せを味わってほしいと

私たちはいつも願っております!

そのうちまた、勝手に家庭訪問しますね~(笑)!




つぎは、カナダ留学中のSちゃん。

カナダからアメリカにお勉強しに行っていました。

んで、昨日カナダに戻ったとのこと。

心配だらけのアメリカ渡航計画でしたが、

無事に楽しんだようで何よりです。

まだまだカナダでの暮らしは続きます。

いっぱい楽しんでおいで~!!

あ、できれば私のなじみのお店に行って、

いろいろとブツを仕入れてきてくれ…(苦笑)。



そのほか、卒業生のご家族の皆様から

いくつも近況報告をいただいております。

とにかく、みんな元気に暮らしていることが

私たち職員にとって一番の励みです。


卒業生のみなさん、今年も素敵な一年にしましょう!!





2014年1月3日金曜日

天気いいよね。



読者の皆様、お正月をいかがお過ごしでしょうか?

ご家族で団欒のひと時でしょうか?

それとも家族全員トドみたいにグダグダでしょうか?



今年は元旦から太陽がまぶしいですね。

珍しく初日の出を拝むことができました。

2日の朝4時ころは暴風でウチのボロアパートが

崩壊するのではないかと心配になりましたが、

本日はまた良いお天気でした。

雪国とは思えない不思議なお正月ですね。

不思議なお正月には不思議なことがしたくなるもの・・・。

雪国で正月からバイクに乗っております!!

「あ、みてみて!寒いのにバイクに乗ったバカがいるよ!」

という痛い視線を浴びながら、かなりの高視聴率で

市内をウロウロしておりました。

神社で巫女さんに笑われました…。

パトカーのお巡りさんにも、指さされて笑われた…。

バイク乗り初め・・・。とりあえず満足です。


さて、学校には本日も年賀状が届いております。

ありがたいことですね!

懐かしい卒業生たちや、

お付き合いいただいている様々な業者様、

超エラい先生方・・・。

今年も皆様、凛晴学院をよろしくお願いいたします。